日本古来からの
知恵を活かす​。

 本来は日本で培われてきた工法で

 建物を建てるのが当たり前。

 しかし今は伝統構法のみでは、

 構造や省エネに問題が生じます。

 しかし、考え方を今流に活かすことは可能です。

日本古来から
使われている
素材にこだわる。

 木材に無垢材を使い、

 漆喰や紙素材、柿渋塗料など、​

 日本古来から使われている素材こそ、

 日本の住環境に、

 適していると​考えています。